Record China

ヘッドライン:

日本の映画館のコメント弾幕機能、中国では冷静な声も

配信日時:2020年9月13日(日) 17時30分
拡大
11日、虎嗅網は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)公式アカウントで、日本の映画館で同日から「弾幕機能」が実施されると伝えた。資料写真。

2020年9月11日、虎嗅網は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)公式アカウントで、日本の映画館で同日から「弾幕機能」が実施されると伝えた。観客はパソコンやスマートフォンを使ってコメントを投稿でき、コメント内容は映画のスクリーンにリアルタイムで表示されるという。

投稿は、池袋のTOHOシネマズで上映する「ランボー ラスト・ブラッド」が初めて「弾幕機能」を使った上映となると紹介した。日本では、映画を鑑賞しながら声を出すことが認められた特殊な「応援上映」があるが、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため停止していたと紹介した。

これに中国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられた。「映画に必要ない…」「映画に集中しにくくなる。弾幕のほうが映画より精彩なことがよくある」など否定的なコメントがある一方、「ハハハハハ、面白そう!」「とてもいいと思う。弾幕ホールを作ればいい。私のような映画を観ながらたくさん話す人にはいい」という肯定的なコメントも見られた。また、「結局、映画を観に来たの、それとも弾幕を観に来たの」という冷静な声も上がった。(翻訳・編集/多部)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング