Record China

ヘッドライン:

中国版キラキラネーム「チョモランマ」君が中国ネットで話題に

配信日時:2020年9月12日(土) 21時30分
拡大
10日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、「チョモランマ」と名付けられた小学1年生の男の子が中国のネット上で話題になっていると伝えた。
(1/2枚)

2020年9月10日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、「チョモランマ」と名付けられた小学1年生の男の子が中国のネット上で話題になっていると伝えた。

その他の写真

記事は、湖北省十堰市の小学1年生が「朱穆朗瑪峰」という名前のためにネット上で話題になっていると紹介。姓が「朱」で名が「穆朗瑪峰」になるが、「珠(=朱と発音が同じ)穆朗瑪峰」は世界最高峰の「チョモランマ」だ。

「チョモランマ」君の母親によると、妊娠中に「生まれてくる子どもの名前は何がいい?」と夫に聞いたところ、夫は冗談交じりに「朱穆朗瑪峰でいいだろう」と答えた。出生証明書を出す際にまだ正式な名前を思いついていなかったため、とりあえず「朱穆朗瑪峰」と記入したのだという。

その後両親は、子どもの戸籍を作る際は出生証明書の名前と同じでなければならず、もし変更する場合は1年待たなければならないことを知ったが、ずっと「朱穆朗瑪峰」の名前を使っていたらなかなかいい名前だと思うようになり、結局変更しなかったのだという。

この名前のために友人から、からかわれることがよくあるというが、「子ども自身はまだ小さいため自分の意見は特にないようだ」と母親は述べている。

これに対し、中国のネットユーザーから「親は子どもの気持ちなど少しも考慮していないな」「何がいい名前だ。早く改名してあげるべきだ。子どもに面倒をかけるべきではない」「変な名前は一生の苦痛となる。大きくなってから名前を変えようとすると非常に面倒だ。この親はおかしいと思う」など、両親を批判するコメントが多く寄せられた。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

親しか読めない「キラキラネーム」=中国ネットユーザー、「『〜子』は過去のもの?」「中国でも一緒」

5日、日本メディアは、当て字などを使った個性豊かな名前「キラキラネーム」が増えていると伝えた。この話題は中国メディアでもたびたび報じられており、中国版ツイッターやニュースサイトのコメント欄には、さまざまな声が寄せられている。資料写真。

Record China
2014年1月8日 0時10分
続きを読む

ランキング