訪日中国人が「恐怖」さえ感じた、日本人の精神に深く刻まれたもの―中国ネット

Record China    2014年2月17日(月) 7時39分

拡大

14日、日本企業の視察に訪れた中国人による“日本から何を学ぶか”についてまとめられた文章が、中国のネット上に掲載された。写真は駅の様子。

(1 / 2 枚)

2014年2月15日、信孚教育集団の理事長で教育家の信力建(シン・リージエン)氏が、以前訪日した際に感じたことについてまとめた“日本に何を学ぶべきか”と題する文章が、今中国のネット上で再び転載され話題となっている。以下はその一節。

その他の写真

新宿などの日本のターミナル駅は、毎朝、人であふれかえる。しかし、ほとんど誰もしゃべることはなく、携帯電話で大声で話す人も見かけない。革靴のカツカツという音だけが響いている様子には、時に恐怖すら覚える。

日本人は何かをするとき、人に迷惑をかけないことを原則としている。これはすでに、日本人の魂の奥底に深く刻まれているものだ。孔子は「己所不欲、勿施于人(自分がされて嫌なことは、人にしてはならない)」と言ったが、中国人はこの言葉を口に出したり、壁に書いたりはするものの、実践する人はいない。たとえ実践しても、徹底できないか手抜きをする。果ては人を騙すために利用したりする。

中国共産党規約や憲法には、どれだけ素晴らしく美しいことが書いてあるか。しかし、これらはすべて有名無実化している。ある人がこんなことを言っていた。「中国人はなぜ信号を守らないのか。この国の上層部が憲法さえも無視している状況で、下層の人々に信号を守らせることができるか?シンガポールが成功したのは、国が決めたルールをリー・クアンユー(李光耀)自らが率先して守ったからだ」。(翻訳・編集/北田

※本記事は筆者の承諾を得て掲載したものです。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携