フィリピンで嫌韓拡散、過去にはベトナムでも?=韓国ネットため息「情けない」

Record China    2020年9月14日(月) 12時0分

拡大

10日、韓国・ファイナンシャルニュースは「フィリピンでは最近、嫌韓感情が高まっているが、過去にはベトナムでも嫌韓騒動があった」と報じた。写真はフィリピンの国旗。

2020年9月10日、韓国・ファイナンシャルニュースは「フィリピンでは最近、嫌韓感情が高まっているが、過去にはベトナムでも嫌韓騒動があった」と報じた。

記事によると、フィリピンの女性インフルエンサー、ベラ・ポーチ(Bella Poarch)さんが最近、Tiktokのダンス動画で自身の腕に入れたタトゥーを公開した。赤い心臓から16本の赤い光線が伸びていることから、韓国のネットユーザーを中心に「旭日旗を連想させる」と物議を醸したという。

その後、ベラさんはツイッターで「私は歴史についてよく知らなかったし、その事実を知ってからタトゥーを消すための予約をした。自分自身が恥ずかしく、心からおわびする」とした。しかし一部のネットユーザーは、フィリピンについて「貧しい国」「小さな民族」など非難の言葉を浴びせ続けた。

すると、フィリピンのネットユーザーから、ハッシュタグ「キャンセルコリア(cancel Korea)」を使った運動が始まった。ベラさんもツイッターに「韓国の方が私を攻撃するのは大丈夫だ。しかし、フィリピンの人々を攻撃してあざ笑うのは我慢できない」と非難したという。

また、記事は「新型コロナウイルス発生初期にはベトナムでも嫌韓が広まっていた」としている。韓国からベトナムに入国した韓国人を隔離した際、バインミー(ベトナム式サンドイッチ)を提供したのだが、ある韓国人がこれを「パン切れ」と発言したことに端を発したものだったという。

これを受け、韓国のネット上では「どちらも情けない発言。人種差別はしてはならない」「国の品格を落とすのはやめてくれ」「韓国は外国人差別が深刻」など、ため息交じりの声が上がる一方、「今後はベトナムやフィリピンの顔色もうかがわなきゃいけないの?」との声も見られた。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携