Record China

ヘッドライン:

芸能人のマイル盗用被害が続々、ウー・レイに続き俳優リー・チェンらも被害報告

配信日時:2020年9月10日(木) 21時40分
拡大
中国の俳優リー・チェンが、航空会社のマイレージサービスからマイルを盗用されていたことをSNS上で明らかに。俳優ウー・レイに端を発し、芸能人の被害報告が続いている。

中国の俳優リー・チェン(李晨)が、航空会社のマイレージサービスからマイルを盗用されていたことをSNS上で明らかになり、俳優ウー・レイ(呉磊)に端を発したマイル盗用問題は、芸能人の被害報告が続いている。

ドラマ「三国志~司馬懿 軍師連盟~」などで知られる人気俳優リー・チェンが9日、中国版ツイッターで明かした。2018年6月以降、マイルの盗用が続いていたことや、加害者の数は10人以上に上ることが調べで分かったという。

被害に遭ったマイル数は明らかにしていないが、かなり大量に盗用されているという。「航空券を買わないのなら、僕の出演作の映画チケットを買ってくれ」とユーモアを交えつつ、被害を報告している。

芸能人の持つマイルの盗用については今月6日、若手人気俳優のウー・レイのファンが、ある女性ファンが約3年間にわたり、20万マイル以上を使い込んでいたことを中国版ツイッターで暴露し、注目度の高い話題となっている。犯行の手口としては、ウー・レイの身分証番号を闇で入手し、自分の携帯番号とひも付けていたことが分かっている。

ウー・レイ、リー・チェンに続いて、女性歌手のジャン・インロン(江映蓉)も同様に、航空会社のコールセンターとのやり取りの詳細を中国版ツイッターに投稿し、マイルの盗用を報告。加害者は2人おり、約30万マイルを盗用されていたという。

リー・チェンの場合は、ある芸能人仲間からマイル盗用の被害に遭ったと聞いたことで、気になって自分の記録を調べてみたところ、被害が分かったとのこと。芸能人以外にも、実際は被害者はもっと多いのではないかと疑っているといい、「警戒心を強めてほしい」と世間に呼び掛けている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング