日本と合同訓練した韓国海軍が批判浴びる「旭日旗の使用を公認した」

Record China    2020年9月14日(月) 16時20分

拡大

14日、韓国・OBSニュースは、最近グアムで行われた韓国海軍とQUADの3カ国による合同演習の現場で日本の海上自衛隊が旭日旗を掲げていたことが分かり、物議を醸していると伝えた。写真は旭日旗。

2020年9月14日、韓国・OBSニュースは、最近グアムで行われた韓国海軍と日米豪印戦略対話(QUAD)の3カ国による合同演習の現場で日本の海上自衛隊が旭日旗を掲げていたことが分かり、物議を醸していると伝えた。

記事によると、9日から5日間行われた連合機会訓練とパシフィック・ヴァンガード訓練で、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「いせ」に旭日旗が掲げられていた。これについて韓国海軍は「日韓だけでなく多国籍訓練のため問題ない」との立場を示しているが、韓国内では「国際社会における戦犯旗の使用を公認したことになる」と批判の声が上がっているという。

韓国で旭日旗は「軍国主義の象徴」とみなされ、韓国内だけでなく日本や世界での使用問題がたびたび論争の的になってきた。2018年10月には韓国・済州島で開かれる国際観艦式に派遣される予定の海上自衛隊の護衛艦の旭日旗の掲揚が問題となり、参加が見送られる事態も発生していた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携