Record China

ヘッドライン:

中国の代理出産の闇市場、新型コロナで国内業者への注文増、成功・性別保証で1000万円超も

配信日時:2020年9月10日(木) 9時10分
拡大
中国のニュースサイト、澎湃新聞は9日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、海外での代理出産が難しくなったため、国内の代理出産仲介業者への注文が増えていると報じた。

中国のニュースサイト、澎湃新聞は9日、「中国では代理出産は認められていないが、需要と利益が闇市場拡大を促している」とし、「新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、海外での代理出産が難しくなったため、国内の代理出産仲介業者への注文が増え、それに伴い卵子提供者への補償金や代理母への報酬も上昇している」と伝えた。

記事は、「8月末に広東省の広州や深センの複数の代理出産仲介業者へ極秘取材を敢行した」とし、ある業者の「成功」と「性別」を保証するプランの場合、費用は88万元(約1358万円)にもなると紹介。その上で、「成功保証という約束の背後には、卵子取り換えや非実子、胎児の病気の隠蔽など倫理上・法律上のリスクもある」などと伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング