Record China

ヘッドライン:

ソウル市、学校での旭日旗使用を条例で禁止へ=韓国ネット「当たり前のことなのに…」

配信日時:2020年9月9日(水) 18時0分
拡大
8日、韓国・ソウル新聞によると、ソウル市議会のホン・ソンニョン議員が代表発議した「ソウル特別市教育庁の日本帝国主義象徴物の使用制限に関する条例案」が可決された。写真は旭日旗。

2020年9月8日、韓国・ソウル新聞によると、ソウル市議会のホン・ソンニョン議員(共に民主党)が代表発議した「ソウル特別市教育庁の日本帝国主義象徴物の使用制限に関する条例案」が可決された。条例案は15日に予定されている本会議で可決されれば公布・施行される。

記事によると、条例案では日本帝国主義の象徴物を「日本帝国主義を象徴する軍事旗と造形物、またはこれを連想させる目的で使用されたその他の象徴物」と定義している。条例が施行されれば、ソウル市教育庁の本庁や直属機関、教育支援庁、教育監所管の各学校で日本帝国主義の象徴物の使用が制限される。

ホン議員は「東京五輪・パラリンピック組織委員会が旭日旗と旭日旗を表現したユニフォームの使用を事実上許可するなど、日本は過去の植民地支配と慰安婦や強制徴用などの侵奪行為に対して心から反省するどころか反人類的な過去の歴史を商品化しようという不純な考えを露骨に表している」とし、「こうした状況で一部の韓国の若者が日本帝国主義の象徴物がデザインされた服や記念品を無意識に身に着けているため、正しい歴史教育の重要性が高まっている」と指摘した。

その上で「正しい歴史を教えるべき公教育の現場で日本帝国主義の植民史観と日本帝国残滓が放置されている状況を傍観するわけにはいかない」とし、「今回の条例の制定が、短編的・一過性の教育から抜け出して日本の歪曲(わいきょく)された植民史観に対する持続的な教育を行う制度的支えとなり、未来の主人公である青少年の正しい歴史観を形成する助けとなってほしい」と話したという。

これに韓国のネットユーザーからは「当たり前のことなのにわざわざ条例が必要なの?」「使用した事例があるということ?」「いまだに使用するところがあるということに鳥肌」などと驚く声が上がっている。また「条例を作らなくても、学校で使用したら生徒の親が黙っていないよ」と指摘する声も。

一方で「最近の大学生は旭日旗を『かっこいい』と言って靴や鞄に付けて歩いている」「必ず制裁を与えてほしい」「旭日旗製品の製造・輸入全て禁止してほしい」と条例の必要性を訴える声や、「いい政策だけど、反対に日本の戦争犯罪を批判するための使用は許可してほしい」と提案する声も寄せられている。

韓国ではこうした動きが広がっており、先月25日には「共に民主党」のキム・ホンゴル議員が「日本帝国主義とその他戦争犯罪を象徴する服、旗、マスコット、その他小物を制作し流布したり、公然と着用または展示する者を処罰する」との内容の刑法改正案を代表発議した。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング