Record China

ヘッドライン:

ディズニー最新作「ムーラン」のエンドロールが物議、ボイコット活動も

配信日時:2020年9月9日(水) 21時0分
拡大
ディズニー映画「ムーラン」について、エンドロールに中国共産党の新疆自治委員会の名前が登場していることで、映画のボイコットを呼び掛ける声がさらに高まっている。

ディズニー映画「ムーラン」について、エンドロールに中国共産党の新疆自治委員会の名前が登場していることで、映画のボイコットを呼び掛ける声がさらに高まっている。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、全米公開は4回にわたって延期を発表した後、最終的に動画配信に切り替えた映画「ムーラン」だが、中国では今月11日からの公開を予定している。

その「ムーラン」について、エンドロールのスペシャルサンクスに、「中国共産党新疆ウイグル自治委員会宣伝部門」の名称があることが明らかに。映画に主演する女優リウ・イーフェイ(劉亦菲)が、民主化運動を乱暴な手段で鎮圧しようとする香港警察を支持したことで、香港の民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)らがすでにボイコットを広く呼び掛けているが、このエンドロール問題でその声がさらに高まっている。

新疆については、少数民族のウイグル人に対する中国政府による迫害問題が、国際的にも注目されている。「中国共産党新疆ウイグル自治委員会宣伝部門」とは、共産党が思想再教育と集中監視を行う機関とも言われ、これまでに100万人を超えるウイグル人やその他の少数民族が、同機関の施設に拘留されたと見られている。

「ムーラン」は中国の約20カ所でロケが行われ、新疆ウイグル自治区のトルファン市の郊外でも撮影されていた。思想再教育に関わっているとされるトルファン市の公安局にも映画が謝意を示していることで、ウイグル人組織の「世界ウイグル代表大会」(World Uyghur Congress)はツイッター上で、「最新作の映画『ムーラン』で、ディズニーは東トルキスタンの強制収容機関に関わっているトルファン公安局の協力に感謝している」と訴えている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング