日本の先進的エンジンはなぜ技術流出を恐れないのか、分解してみたら理由が分かった―中国メディア

Record China    2020年9月7日(月) 13時20分

拡大

6日、中国メディア・上海熱線のアカウントは、「日本のエンジンはこんなに先進的なのに、どうして技術が世界に流出するのを恐れないのか」とする文章を掲載した。

2020年9月6日、中国メディア・上海熱線のアカウントは、「日本のエンジンはこんなに先進的なのに、どうして技術が世界に流出するのを恐れないのか」とする文章を掲載した。

文章は、日本のエンジンについて「非常に精緻な造りであり、シンプルな組み立て工程一つとっても独自の熱加工技術により、継ぎ目のない溶接を実現しており、全ての部品が緊密に張り合わせれた、まさに一体化したエンジンだ」と評した。

そして、「各部品が高度に一体化したエンジンは当然、分解が困難であり、無理やり分解すればどこかが壊れてしまう」と指摘。「それ故に、強大な製造技術を持ち、世界一のリバースエンジニアリング国と称される中国でも日本のエンジンを分解し、再現することは不可能だ」としている。

その上で、「エンジン分野は中国にとって大きな課題であり続けており、技術開発に着手した時期が遅かったこと、当初は資金が限られていたことから、日本をはじめとする他国に大きな後れを取ったまま追いつけないでいる」と紹介。一方で、「今後エンジン分野への投資が強化されることで国産エンジン技術も飛躍的に進歩し、いつかこの弱点を跳ね返す日が来ることを信じている」と結んだ。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携