Record China

ヘッドライン:

世界中が中国の敵になった?それはひどい錯覚―中国紙編集長

配信日時:2020年9月9日(水) 7時20分
拡大
台湾の中時新聞網は6日、中国紙・環球時報編集長の胡錫進氏が「世界中が中国の敵になってしまったというのはひどい錯覚だ」と指摘したことを紹介した。写真は中国・杭州。

台湾の中時新聞網は6日、中国紙・環球時報編集長の胡錫進(フー・シージン)氏が「世界中が中国の敵になってしまったというのはひどい錯覚だ」と中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で指摘したことを紹介した。

胡氏は5日の投稿で、「なぜ世界中が中国の敵になってしまったのか、なぜ中国はこれほど孤立しているのかという不満をネットでよく目にする。こうした人々は新疆、チベット、香港問題で世界の多くがわれわれを非難していると考えている」と切り出し、南シナ海問題やインドとの衝突にも言及。その上で、「私が言いたいのはこれはひどい錯覚であり、中国外交にとってこの2、3年に起きた最大の変化は米国の対中政策の根本的な転換だ。これがファイブアイズ(米国、英国、カナダ、豪州、ニュージーランドによる機密情報共有の枠組み)を主とする米国の盟友の対中姿勢を変化させた。また、中印国境地帯での衝突でインドは対中姿勢を硬化させたが、これら以外で中国の外交構造に重要な動きは起きていない。『中国孤立』説など成り立たない」と断じた。

そして、日本との関係改善や欧州主要国との関係強化、さらにはアフリカ、アジア、南米諸国との関係もますます良好になっていることに注意を払うよう訴え、「中朝関係は重大な改善に至った。強固になる一方の中ロ関係は言うまでもない」とも言明。米国の対中圧力やそれに同調する英国、豪州、カナダなどの世論は西側世論の態度に影響を及ぼしたとするものの、「じっくり見てみるとこの世界において反中の声は『少数の声』に過ぎず、国際社会の共通姿勢を示すものではない」と論じ、「中国社会はこうした判別力さえ持ち合わせておらず、米国が先頭に立って作り出す声に惑わされて意気消沈するというのなら、われわれには大国たる資格がない」と発破をかけた。

胡氏はまた、「国連人権理事会での新疆問題、香港問題をめぐる討論で西側の二十数カ国が中国に反対を示したが、中国支持はそれを大きく上回った」「中国に友好的な国の数が多いだけでなく、人口として見た場合も多くを占める。ただ、こうした国々は先進国ほどの発言権を持たないため一部の人に『反中の声に満ちあふれている』との錯覚を抱かせるのだ」とし、「中国と周辺国との間には確かに領土問題が存在するが、中国は多くの国と話し合いを通じて国境を画定してきた」と指摘。「中国世論にみられる苦境は主に米国との関係悪化から来るものだが、ワシントンの言いなりになる従属型国になって米国の戦力的圧力から逃れることをわれわれは受け入れられるだろうか。われわれが手に入れたいのは米国の『好意的な態度』か。それとも中華民族の偉大な復興だろうか」と畳み掛け、「もし中国が継続的発展の権利を守り抜く決意を固めたならわれわれはより強固な意志をもって米国、ファイブアイズの攻撃に抑制的かつ広い心で向き合うべきだ。米国、ファイブアイズが世界を代表しているわけではなく、西側も世界の代表ではない」と主張した。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

日中関係改善の流れはすでに逆行―仏メディア

27日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、改善の流れにあった日中関係について、中国本土や香港、台湾のメディアが「すでに逆行している」との認識を持っていることを報じた。写真は成都での日中韓サミット。

Record China
2020年8月30日 11時20分
続きを読む

ランキング