Record China

ヘッドライン:

「台湾のミサイルが中国軍機を撃墜」情報流れる、台湾軍がすぐさま否定

配信日時:2020年9月6日(日) 7時0分
拡大
4日、環球網は、ネット上で中国の戦闘機が台湾の防空ミサイルに撃墜されたとの情報が流れ、台湾軍部が緊急声明を発表したと報じた。写真は中国のSu-35戦闘機。

2020年9月4日、環球網は、ネット上で中国の戦闘機が台湾の防空ミサイルに撃墜されたとの情報が流れ、台湾軍部が緊急声明を発表したと報じた。

記事は、台湾・中国時報電子版の4日付報道として、ネット上で同日に「中国のSu-35戦闘機が南シナ海の任務から帰還する際にいわゆる台湾海峡中間線を飛行し、発射された台湾軍の防空ミサイルが命中して広西チワン族自治区の桂林に墜落した」との情報が流れたと伝えた。

報道によれば、この情報はFacebookの「Defence Aviation Post」のページに4日書き込まれたもので、黒煙が上がる墜落現場とされる写真が掲載されるとともに「中国空軍のSu-35が台湾海峡の領空を侵犯したことで台湾軍に撃墜され、パイロットが負傷した」と説明されていたという。

記事はその上で、台湾の空軍司令部が4日夜にこの件についての緊急声明を出し、台湾のミサイルが中国軍機を撃墜したという情報は「完全に事実無根である」と否定するとともに、ネット上で恣意(しい)的に事実と異なる情報を流す行為を強く非難する姿勢を示したと報じている。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング