Record China

ヘッドライン:

韓国大使館が「韓国でしか食べられないもの」紹介も、中国人からツッコミ殺到!ほどなく削除

配信日時:2020年9月3日(木) 20時40分
拡大
駐中韓国大使館が2日、中国版ツイッター・微博で「世界に唯一無二な韓国の食材」を紹介したところ、中国のネットユーザーから「ツッコミ」が殺到。投稿はほどなくして削除された。

駐中韓国大使館が2日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で「世界に唯一無二な韓国の食材」を紹介したところ、中国のネットユーザーから「ツッコミ」が殺到。投稿はほどなくして削除された。3日付で観察者網が伝えた。

同大使館の微博アカウントは「世界で唯一無二な、韓国でないと食べられない特色ある食べ物」と題し、韓国の特産とされる食材の数々を紹介した。ところが、実際は中国でも食べられるものばかりであり、中国のネットユーザーからそれぞれの食材に対して激しいツッコミが入った。

紹介された食材はモヤシ、エゴマ、マクワウリ、ドングリこんにゃく、ホヤの一種であるエボヤや巻貝など。観察者網の記事は「モヤシは言うに及ばず、エゴマは中国各地で自生しており、東アジアや東南アジアで食されている」と指摘した。

また、マクワウリについては「国際的に『コリアメロン』という名称が付与されている」との同大使館の記述について、「より一般的な名称は『オリエンタルメロン』であり、インドを起源としてシルクロードで中国に入り、韓国や日本に伝わった可能性がある食べ物」と説明している。

さらに、「ドングリのデンプンを固めたドングリこんにゃくは陝西省や河南省の一部で伝統的な名物料理として親しまれているほか、エボヤは山東省でも食されている」と伝えた。

中国のネットユーザーから盛大なツッコミを受け、同大使館は3日午前にこの書き込みを削除するに至った。

記事は、 2012年にも韓国観光公社の微博アカウントbuzzKOREAが「朝鮮時代には科挙の試験がありました。中国にもこのような試験はありましたか?」と書き込んだことで文字通り「バズ」った前例があると紹介した。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング