Record China

ヘッドライン:

韓国の「名品兵器」が世界市場を席巻中?初の豪州輸出へ=韓国ネット「素晴らしい」

配信日時:2020年9月4日(金) 12時30分
拡大
3日、韓国・ヘラルド経済は「K9自走砲が豪州輸出という快挙を成し遂げる見通しだ」とし、「韓国製の名品兵器が世界市場を席巻している」と伝えた。写真は韓国国防部Facebookより。

2020年9月3日、韓国・ヘラルド経済は「K9自走砲が豪州輸出という快挙を成し遂げる見通しだ」とし、「韓国製の名品兵器がコストパフォーマンスの高さで世界市場を席巻している」と伝えた。

記事によると、K9自走砲は同日、1兆ウォン(約900億円)規模の豪州陸軍現代化プロジェクトの自走砲獲得事業の優先供給者に選ばれた。これによりK9自走砲はアジア、欧州に続いてオセアニア州にまで進出する見通しだ。

記事は、海外の自走砲競争におけるK9自走砲の強みについて「射程距離40キロメートル、毎分最大6発の射撃能力、機動性と生存性の高さなど優れた品質」「合理的な価格」「韓国を含む全世界で約1700台が運用されている実戦経験」を挙げている。

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、2000~2017年の世界の自走砲輸出市場でK9自走砲は計572台、48%のシェアを占めている。その後も輸出は続いており、ドイツのPzH2000(189台)、フランスのカエサル(175台)などライバル兵器との差を広げているという。

これに韓国のネットユーザーからは「素晴らしい。自主国防も大事だけど各国からの信頼も大事」「すごい。ドイツ製を購入すると思っていたのに。豪州はコスパを重視したようだね」「このご時世に自主開発して輸出するのはとても良いこと」「1990年から開発を進めてきた成果」「音楽も兵器も韓国が最高」などと喜ぶ声が上がっている。

一方で「K9自走砲は本当に名品と言えるのか?事故も多いみたいだけど」「ところで豪州になぜ自走砲が必要なの?」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

韓国で鳥インフル猛威、不法滞在の外国人まで殺処分に動員で管理不能に=韓国ネット「この国は疫病で滅びる」「まるでコメディーを見ているよう」

5日、韓国で鳥インフルエンザウイルスが猛威を振るい家禽類の殺処分が続けられる中、殺処分作業に当たる外国人労働者のウイルス感染管理がほとんど行われていない実態を韓国・SBSが報じた。資料写真。

Record China
2017年1月7日 23時30分
続きを読む

銃弾はどこから飛んできた?韓国軍で「謎だらけ」の兵士死亡事件が発生=韓国ネット「北朝鮮が怪しい」「大統領が代わっても現状は…」

27日、韓国メディアは、陣地工事を終え徒歩で部隊に戻っていた韓国陸軍の兵士が突然飛んできた銃弾に当たって死亡した事件について「さまざまな面で謎だらけである」と伝えた。写真は韓国の軍人。

Record China
2017年9月28日 5時50分
続きを読む

ランキング