Record China

ヘッドライン:

転覆船から流出したドリアン拾って食べた住民ら腸炎ビブリオ食中毒―中国・広西

配信日時:2020年9月4日(金) 0時0分
拡大
中国広西チワン族自治区防城港市で先月26日、転覆した貨物船から流出し海上を漂うドリアンを拾い集めて食べた住民らに、腹痛や下痢、嘔吐(おうと)など食中毒とみられる症状が現れた。

中国のニュースサイトの澎湃新聞によると、中国広西チワン族自治区防城港市で先月26日、転覆した貨物船から流出し海上を漂うドリアンを拾い集めて食べた住民らに、腹痛や下痢、嘔吐(おうと)など食中毒とみられる症状が現れた。

防城港市に位置する県級市の東興市当局によると、同27日午前10時時点で、ドリアンを食べた後、医療機関に体調不良を訴えた人は延べ523人に上り、うち101人に腹痛や下痢、嘔吐などの症状があった。

同自治区の疾病予防コントロールセンターは1日、疫学や食品衛生学の専門家らによる調査や実験室での検査などにより、腸炎ビブリオによる食中毒であることが判明したと発表した。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

漂着コンテナに大量の冷凍食肉製品、当局が緊急通達「食べるな!売るな!」―中国

9日、中国メディアの都市快報は、浙江省の舟山群島にある普陀山鎮の海岸にこのほど、冷凍食肉製品が入ったコンテナが流れ着いたことを受け、地元政府がそれを拾った住民らに対し、食べずに廃棄するよう求める緊急の通達を出したと報じた。資料写真。

Record China
2019年9月10日 15時10分
続きを読む

ランキング