五輪エンブレム、どの大会のが一番好き? 東京も人気―中国ネット

Record China    2020年9月2日(水) 20時20分

拡大

2028年に開催予定のロサンゼルス五輪・パラリンピックのエンブレムが発表されたことを受け、中国のインターネット上では過去のエンブレムに注目が集まっている。

2028年に開催予定のロサンゼルス五輪・パラリンピックのエンブレムが発表されたことを受け、中国のインターネット上では過去のエンブレムに注目が集まっている。

ロサンゼルス五輪・パラリンピックの大会組織委が1日に発表したのは、史上初の「変化するエンブレム」。「LA28」の「A」の部分がさまざまなデザインに変化するもので、日本のひらがなの「あ」も登場する。創造性や多様性を表現したものだという。

中国のスポーツメディア・新浪体育の微博(ウェイボー)アカウントは2日付でこれを紹介し、「エンブレムは各大会の最も重要な象徴。五輪精神とホスト国の文化を融合したものであり、開催地の歴史と栄誉を表すものだ」と説明。過去の夏季五輪のエンブレムの写真を掲載して、「どれが一番好きですか?」とユーザーに問いかけた。

「08年の北京。シンプルかつ含意が豊か」「08年が一番いい」といったコメントに共感が集まる中、「(20年の)東京のがいい」というコメントにも3番目に多い共感が集まっている。また、「間違いなく08年北京」「北京!感情的に」といった声が多い一方で、「東京2020が一番いい。あとアテネ(04年)もシンプルでいい」「東京、リオ、北京がきれいだ」「北京、東京」など、北京以外では東京を挙げる声が多い。そのほか、「(12年の)ロンドン。躍動感があり現代的」というコメントも共感を集めている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携