Record China

ヘッドライン:

AKIRA「来てるの?」、妻リン・チーリンが球場にいること知らず―台湾メディア

配信日時:2020年9月1日(火) 11時50分
拡大
EXILEのAKIRAが8月30日に台湾プロ野球の始球式に登場した。球場には妻のリン・チーリンも駆け付け、声援を送った。

EXILEのAKIRAが8月30日に台湾プロ野球の始球式に登場した。球場には妻のリン・チーリン(林志玲)も駆け付け、声援を送った。

同日に行われた富邦ガーディアンズと中信兄弟(中信ブラザーズ)の試合の始球式のゲストとしてAKIRAが新荘スタジアムに登場。歓声に両手を振りながらマウンドに上がったAKIRAは「皆さんこんにちは、AKIRAです!頑張りましょう!皆さんの平穏と健康を祈っています!」と中国語であいさつ。続いて、インタビュアーが幸せな生活を送っているAKIRAにその秘訣を聞くと、日本語で「今、どの国でも大変な状況下ではあるんですが、一日一日を感謝の気持ちを持って、僕自身は近くにいる家族であったり仲間であったりに『ありがとう』という言葉をたくさん伝えるようにしています。とにかく感謝の気持ちを持って生活することを心掛けています」と答えた。

また、ホームチームのガーディアンズの6番のユニフォームを着て登場したことについて聞かれると、「僕の人生のターニングポイントで『6』という数字は欠かすことができない番号でしたので、今回初めて始球式という素晴らしいセレモニーに参加させていただくので自分のラッキーナンバーをつけさせていただきました」と回答。投球については「10歳くらいの時以来、投げたことはなかったのでマウンドの近くに立ってみるとこんなに距離が遠いんだって、今ものすごく緊張しています」と語った。

始球式では日差しがまぶしかったのか、AKIRAが投げたボールが打席に立った富邦金控(富邦フィナンシャルホールディングス)の蔡明興(ツァイ・ミンシン)社長の頭付近をかすめるハプニング。それでも、両者は笑顔で握手を交わし、記念撮影した。AKIRAはその後、ガーディアンズのメンバーらとハイタッチし、円陣にも加わった。

球場にはリン・チーリンの姿もあった。台湾メディアの聯合新聞網は「AKIRAが始球式、チーリン姉さんが現場で夫を撮りまくり」と題する記事で、「リン・チーリンはこっそりとボックス席に姿を現し、日差しを遮る帽子とマスク姿で夫の雄姿を見守った。スマートフォンを手に繰り返し撮影し、時おり歓声や拍手を送り、夫AKIRAの顔を立てた」と伝えた。記事によると、AKIRAは始球式前、リン・チーリンが球場に来ていたことを知らなかったといい、「来てるの?」と驚きながらもうれしそうな笑顔を浮かべたという。

8月15日に台湾にわたったAKIRAは、2週間の隔離期間が設けられたため始球式の練習が満足にできず。当日に日本でプレー経験のある郭泰源さんから急きょ指導を受けたそうだ。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング