Record China

ヘッドライン:

東京の透けるトイレ、「日本には愛がある、韓国も見習うべき」の声も―韓国ネット

配信日時:2020年9月1日(火) 12時40分
拡大
30日、韓国・中央日報が東京の公共トイレプロジェクトについて報じ、韓国のネット上で注目を集めている。写真は代々木深町小公園のトイレ。

2020年8月30日、韓国・中央日報が東京の公共トイレプロジェクトについて報じ、韓国のネット上で注目を集めている。

記事が報じたのは、日本財団の誰もが快適に使用できる公共トイレを設置することを目的とした「THE TOKYO TOILET」プロジェクト。安藤忠雄、伊東豊雄、隈研吾、槇文彦ら世界で活躍する日本のクリエイター16人が名を連ねたプロジェクトで、斬新なアイデアで東京・渋谷区に新たに17カ所の公衆トイレを設置するというもの。大和ハウス工業株式会社、TOTOも協力しており、当初は東京五輪の際に公開される予定だったが、五輪の延期を受けて別途公開日程を決めたという。

8月5日には東京渋谷区の恵比寿公園、代々木深町小公園、はるのおがわコミュニティパークに、7日には恵比寿東公園、東三丁目公衆トイレと、現在までに5カ所が完成して一般に公開されている。9月7日には安藤氏が設計したトイレが設置される予定で、来年夏までに残りの11カ所が相次いで公開されるという。

記事は「プロジェクトが成功するかどうかは時間がたたないと分からないが、ある一面においては重要な効果がすでに保障されている」とし、「小さな公共施設を通じて日本の代表的な建築家とデザイナーが大々的に紹介されているため、利用客は身近な施設を通じてデザインの無限の可能性を直接体験して評価することができる機会を得た」と評価している。

韓国のネット上で話題になっているのは、坂茂氏の提案した中が透けて見える公衆トイレだ。外壁はガラスでできており、鍵を締めるとスモークがかかるようになっている。ネットユーザーからは「もし壊れて透明になったら…」「自分だったら不安で使えない」「トイレは排泄の場所。不安な場所であってはならない」など心配する声が上がっている。

一方で「いいアイデア。トイレに怪しい人がいないかチェックもできる。芸術的かつ快適だったら利用者もきれいに使うし、犯罪も減るだろう」「利用者の気持ちに立って考えた自治体の努力は褒めるべき」といった声や、「日本の建築デザインの発展には、自国民の建築に対する関心と愛がある。一方の韓国は、建築と建設の違いも分からない人が多い。こういう面は見習うべき」といった声も多く寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング