Record China

ヘッドライン:

コロナ対策が日本にサプライズもたらす?―中国紙

配信日時:2020年9月23日(水) 19時20分
拡大
中国紙・環球時報は22日、新型コロナウイルスの感染対策が日本のインフルエンザ患者の数を激減させたとみられているとする日本メディアの報道を紹介した。写真は渋谷。

中国紙・環球時報は22日、「日本にサプライズ?」とのタイトルで、新型コロナウイルスの感染対策が日本のインフルエンザ患者の数を激減させたとみられているとする日本メディアの報道を紹介した。

厚生労働省の発表によると、先月31日から今月6日までに報告されたインフルエンザ患者数は3人、今月7日から13日までは4人だった。

記事は「2週間で計7人。昨年同期(9551人)の1000分の1未満、例年同期の100分の1前後だ」と伝え、昨年のこの時期は沖縄でインフルが大流行していたことを説明。現在の状況について厚労省は「新型コロナ対策という背景の下、手洗いやマスク着用などが徹底されたことが一定の効果を及ぼした」と認識していると紹介したほか、入国制限に伴う訪日外国人の激減、特にインフルエンザの流行シーズンを迎えている南半球からの入国数の少なさが指摘されたことについても伝えた。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング