Record China

ヘッドライン:

新型コロナでエコノミー席が270万円?!業者がチケット価格つり上げ―中国

配信日時:2020年9月1日(火) 7時40分
拡大
中国・封面新聞は27日、新型コロナウイルスの影響で航空便の運航が激減する中、エコノミークラスの中国便のチケット価格を約270万円につり上げる行為があったと報じた。写真は帰国を待つ中国人搭乗者。

中国メディアの封面新聞は27日、新型コロナウイルスの影響で航空便の運航が激減する中、エコノミークラスの中国便のチケット価格を18万元(約270万円)につり上げる行為があったと報じた。北京、上海の公安当局はすでに特別チームを立ち上げ、こうした行為の摘発を進めているという。

記事によると、3月以降、海外で新型コロナが大流行し、各地で学ぶ中国人留学生の間には帰国のための航空券を手に入れようとする動きが広がった。そうした中、中国民用航空局は3月29日に国際便の運航を減らす措置を発表。通常、北米、欧州からの中国便はエコノミークラスで8000~9000元(約12万~14万円)だが、一部販売代理店が入手困難な状況に乗じて値段をつり上げ始め、民航局がダフ屋行為を防ぐために打ち出した航空会社による完全直接販売措置もこれに歯止めをかけることはできなかった。

「直行便のエコノミークラスで最高18万元に達した」と明かすある業者は「4月に直接販売に関する航空会社からの通知を受け取った。内部の人間による勝手なチケットの転売を禁じるものだ」とした上で、「英国の小学校、中学校で子どもを学ばせていた多くの親が焦り、どんなに高値でも子どもを無事帰国させたいと願った。このため違法な価格つり上げが起きた」と指摘。この業者は8月上旬に当局から受け取った通知で、内部に不適切な取り引きがあったことを知ったという。

北京、上海の公安当局が立ち上げた特別チームは詐欺として調査に当たっており、記事は購入者の一部が代理業者から返金を受けたことにも言及している。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

日中関係改善の流れはすでに逆行―仏メディア

27日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、改善の流れにあった日中関係について、中国本土や香港、台湾のメディアが「すでに逆行している」との認識を持っていることを報じた。写真は成都での日中韓サミット。

Record China
2020年8月30日 11時20分
続きを読む

ランキング