Record China

ヘッドライン:

銃撃されたインフルエンサーの男性、倒れながらも「ライブ配信して」―台湾

配信日時:2020年8月29日(土) 18時0分
拡大
仏RFIの中国語版サイトによると、台湾のネット上で「館長」のニックネームを持つインフルエンサーの男性が28日未明、銃撃された。

仏RFIの中国語版サイトによると、台湾のネット上で「館長」のニックネームを持つインフルエンサーの男性が28日未明、銃撃された。犯人が撃った銃弾3発のうち右の腕と足に計2発を受けた男性は、地面に倒れながらも自身が応急処置を受ける状況をライブ配信するようスタッフに指示したという。

事件発生は28日午前2時頃で、苦しみながらも意識がはっきりしていた男性は「もしもの時は私の精神を受け継いで。家族のことを気にかけてほしい」などとネットユーザーに訴えた。傷口からは大量の出血があり、男性は現場で止血処置を受けた後、病院に搬送されたそうだ。

警察によると、この件ですでに銃1丁と銃弾5発を所持した男(23)が自首しているが、動機は弁護士が来るまで話さないとしている。警察は銃弾を受けた場所が腕と足だったことから男性への警告が目的だった可能性を想定。男性のスタッフは「発砲した人間は『館長』と以前トラブルがあった人物のよう」と話しており、男も男性とのトラブルを認めているという。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング