Record China

ヘッドライン:

日本の記者が発した「ある言葉」に中国報道官が不快感―中国メディア

配信日時:2020年8月28日(金) 11時0分
拡大
27日に行われた中国外交部の定例会見で、担当した趙立堅報道官が日本の記者の発言を正す場面があった。

27日に行われた中国外交部の定例会見で、担当した趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官が日本の記者の発言を正す場面があった。複数の中国メディアが同日付で報じた。

会見でチェコの上院議長らが台湾を訪問することについて質問したNHK記者が、蔡英文(ツァイ・インウェン)氏に「総統(President)」の敬称をつけて呼んだことについて趙氏が不快感を示した。趙氏は「まず、あなたの間違った言い方を正さなければならない。われわれはあなたが言う人物が、台湾地区のリーダーであることしか認めていない」と反発した。

なお、質問については「中国は国交がある国と台湾地区とのいかなる公的な往来にも断固反対する」とし、「(台湾訪問は)チェコ政府が一貫して認めてきた『一つの中国』の原則に公然と反するものであり、両国関係の政治的な基礎を悪意を持って破壊するものだ。中国はこうした卑劣な行為を非難し、チェコに『一つの中国』の原則を順守し、正しく慎重に台湾関連の問題を処理するよう促す」と回答した。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング