Record China

ヘッドライン:

中国のアニメ映画「羅小黒戦記」が日本公開へ、中国ネットが反応

配信日時:2020年8月28日(金) 21時0分
拡大
27日、中国版ツイッター・微博で、中国国産アニメ映画「羅小黒戦記」の日本語吹き替え版が11月に日本全国で公開予定であることが注目を集めた。

2020年8月27日、中国版ツイッター・微博で、中国国産アニメ映画「羅小黒戦記(ラシャオヘイセンキ)」の日本語吹き替え版が11月に日本全国で公開予定であることが注目を集めた。

微博の映画「羅小黒戦記」公式アカウントは27日、同作品の日本語吹き替え版制作決定のポスター画像とともに、11月7日に吹き替え版が日本全国で公開予定であることを紹介。主役・シャオヘイの声を花澤香菜、ムゲンを宮野真守、フーシーを櫻井孝宏がそれぞれ担当すると伝えた。新浪電影の微博アカウントも、この直後に同作品の日本公開情報を掲載している。

この情報に、中国のネットユーザーは「このポスター、中国版より格段にいい」「是非中国の動画サイトに日本語版の版権を買い取ってほしい」「ムゲンを宮野真守がやるというのは驚きだけれど超うれしい」「国内でももう一回上映してほしいなあ」「声優のキャストが中国版よりも豪華だ……」などの感想を残している。

また「日本で上映か……新作が出るのかと思った」「もっと新作を出すペースを早くして」など、次回作を期待する声も少なからず見られた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング