Record China

ヘッドライン:

中国からの謎の種、植えてみたらこうなった―中国メディア

配信日時:2020年8月27日(木) 16時40分
拡大
26日、観察者網は、中国から送られてきた「謎の種」を栽培した結果について紹介する記事を掲載した。

2020年8月26日、観察者網は、中国から送られてきた「謎の種」を栽培した結果について紹介する記事を掲載した。

7月末、米国28州で「中国から買ってもいない謎の種が届いた」との情報が相次ぎ注目を集めた。米国以外にも英国、日本、カナダ、フランス、オーストラリア、イスラエルといった国でも同じような事例が発生している。

各国では「謎の種」について、外来種の侵入やウイルス付着といった懸念から市民に栽培しないよう求めているが、好奇心あるいはこの情報を知らなかったことで実際に栽培してしまった人も少なくないようだ。

米国の年配男性は興味本位で栽培したうちの1人だが、植えた種からは瓜のような実が取れたという。また、6月に中国からの種を受け取ったケンタッキー州の女性は、自身が参加している栽培サークルから送られてきた種と思い込み栽培、発芽した後でニュースを知り、当局の指導の下で処分したそうである。

4月に種を受け取った英国の女性は、「怪しいもの」とは知らずに他の種と一緒に栽培。その結果トマトができたが「食べる勇気はない」と語っている。

ネットユーザーのまとめによると、送られた種には地域別の決まりがあるようで、英国でトマト、キュウリ、キンレンカ、日本はタマネギ、カナダやオーストラリアはハーブなどとなっているとのことだ。米農務省はこれまでの検査で14種類の種子を確認している。

また、「怪しい種」は必ずしもすべて中国本土から来たわけではなく、台湾やマレーシア、さらにはシンガポール、ロシア、ウズベキスタンといった場所が発送元になっているケースもあるそうで、種が送られた真意は明らかになっていない。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング