Record China

ヘッドライン:

薬液を散布すると枯れ草が一瞬で緑色に! どういうことなのか―中国メディア

配信日時:2020年8月30日(日) 20時20分
拡大
26日、観察者網は、枯れ草を瞬時に緑色に変えることのできる薬剤について紹介する記事を掲載した。

2020年8月26日、観察者網は、枯れ草を瞬時に緑色に変えることのできる薬剤について紹介した。

記事は、陜西省西安市の居住区内の緑地帯で管理者が薬を散布すると、枯れ草が一瞬で緑色になる様子がメディアに報じられ話題になったとし、住民から薬の安全性に疑問の声が上がったことを伝えた。同様の例は山西省晋城市でも見られたという。

記事によると、西安市で使用されていたのは「緑増剤」という薬剤で、殺菌及び着色作用があるという。ただ、住民らの不安を受け、管理者は散布した箇所の草を後にすべて刈ったという。

また、晋城市で散布されていたのは「植物保護剤」だったという。ただ、業界関係者は「植物保護剤」は通常無色ですぐに緑色になることはないとし、「すぐに緑色に変わったのであれば、染色剤を使用したのではないか」との見方を示した。

記事は、瞬時に緑に変わる薬剤の正体について「ネット上ではすでにその秘密が明らかになっていた」とし、「草坪増緑剤」という商品だったと紹介。同商品は「環境に優しい材料でできており、化成肥料を含んでいる。適量の使用であれば環境を汚染することなく、草木の成長促進作用がある」「効果は40~120日。すぐに緑色にできるため、指導者の急な視察や環境美化の応急対応、マンション引き渡し時の緑化などの緊急対応時に役立つ」などと説明されているという。

ある不動産開発業者の関係者は、「マンション引き渡しの時に枯れ草があるとオーナーの心証が良くない。すべてはオーナーの感じ方を考慮してのこと」と述べている。また、別の庭園管理業者は「草の変色による美観への影響は庭園管理業者にとっては重要な問題。『増緑剤』は信頼できるもので、ゴルフ場でもよく使用されている」と語った。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング