Record China

ヘッドライン:

米国が突如として安倍首相に同調、尖閣諸島も含め、日本を防衛する姿勢を明らかに―英メディア

配信日時:2014年2月9日(日) 14時2分
拡大
1/2枚
2014年2月7日、ケリー米国務長官は、ワシントンを訪れている岸田文雄外相と会談し、中国が領有権を主張している尖閣諸島も含めて、米国は日本を防衛するという姿勢を明らかにした。8日付で英BBCが伝えた。

その他の写真

ケリー国務長官は会談後の記者会見において、「強固な日米関係はアジア太平洋地域の平和と安定の基礎。米国は日米安保における日本に対する義務を果たすため、引き続き努力する」と述べ、これには「東シナ海情勢も含む」とした。

さらにケリー国務長官は、「米国は中国が設定した防空識別圏を承認も容認もしない」と明言。「米国はアジア太平洋地域の情勢を変えるつもりはなく、当地区の繁栄と安定を維持するため、引き続き努力する」と述べた。

また岸田外相は会談のなかで、4月に予定されているオバマ大統領のアジア歴訪の際には、日本を公式訪問するよう要請。日韓関係についても、困難な問題はあるものの、日本側は韓国との関係を重視しており、核問題などに対して協力する姿勢が必要だという考えを伝えた。(翻訳・編集/YM)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング