Record China

ヘッドライン:

8月25日は中国の「七夕」!コロナ禍で今年はどんなイベントに

配信日時:2020年8月27日(木) 11時10分
拡大
日本では、7月7日に「七夕」を過ごすが、中国の「七夕」は旧暦の7月7日で、今年は8月25日。中国では「七夕節(チー・シィー・ジィエ)」と言う。
(1/4枚)

日本では、7月7日に「七夕」を過ごすが、中国の「七夕」は旧暦の7月7日で、今年は8月25日。中国では「七夕節(チー・シィー・ジィエ)」と言う。

その他の写真

「七夕は、織り姫と彦星が1年に1度出逢える日」という有名な伝説は、日本も中国も同じなのだが、七夕の過ごし方は少し違ってくる。

日本の七夕は、笹を飾り、短冊に願いごとを書く風習があるが、中国では近年、この七夕は、チャイニーズバレンタインデー・「七夕情人節」としてのイベント色が強くなっている。

例年だと、百貨店や貴金属店などで、大々的に「七夕節セール」が開催され、ホテルやレストランでもカップルセットメニューといった限定商品が販売される。フラワーショップも同様で、その時々の流行を追った花束がところせましと店頭に並ぶ。

中国では、どんなイベントでもプレゼントは男性から女性に贈るものとされているので、当然、こうした商戦で消費する対象は男性。

この時期は、SNSでも女性に人気のプレゼントなどが話題となる。また、ここ数年は、「カップルのキス」を競うイベントなども企画され、若者のイベントとしても大いに盛り上がっていた。

しかし、今年は、コロナ禍の下で「七夕節」を迎える。ショッピングモールやフラワーショップなども「七夕節」商戦がスタートしているが、例年よりも、盛り上がりに欠けるのは、気のせいでなく、やはりコロナ禍の影響がみられる。

そのような中、目立つのが、オンラインショップ(ECサイト)。都市部では、消費の主流にせまりつつあるオンライン消費。女性に人気のコスメをはじめ、バレンタインデーの定番、チョコレートまで人気商品が並ぶ。

リアル店舗のほうでは、早くも「中秋節」の月餅特設コーナーが設置されており、「七夕節」よりも、この時期の商戦の“本命”はむしろ月餅のようである。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「コロナ渦の七夕節」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

香港の街から消えゆく看板

多くの人にとって香港のイメージと言えば「高層ビル」や「100万ドルの夜景」、そして競うように道に突きだした「看板やネオン」ではないだろうか。

フライメディア
2020年8月19日 20時40分
続きを読む

ランキング