Record China

ヘッドライン:

韓国軍、軽空母のためF-35戦闘機の導入数を倍増=韓国ネットでは賛否の声

配信日時:2020年8月25日(火) 12時30分
拡大
25日、韓国・中央日報によると、韓国軍が次世代戦闘機の導入規模を当初の計画の2倍に増やし、韓国型軽空母に搭載する垂直離着陸型のステルス戦闘機も導入する方針を固めた。写真はF-35。

2020年8月25日、韓国・中央日報によると、韓国軍が次世代戦闘機(FX)の導入規模を当初の計画の2倍に増やし、韓国型軽空母に搭載する垂直離着陸型のステルス戦闘機も導入する方針を固めた。

記事によると、韓国軍は当初20機の予定だったF-35の導入数を40機に増やした。まずは韓国型軽空母に搭載するF-35Bを20機導入し、その後にF-35Aを20機導入する計画という。総事業費は約8兆ウォン(約7100億円)に達するとみられている。

軍関係者は「軽空母導入に合わせて規模を2倍にし、F-35Bの導入時期も早めた」と説明した。韓国海軍は2030年ごろまでに軽空母の建造を終えたい考で、そのためには早い時期にF-35Bの詳細情報が必要となるが、製造会社のロッキード・マーティン側が安全保障上の問題を理由に契約前の情報提供を拒否しているという。

この計画に韓国のネットユーザーからは「国防改革がうまくいっている」「いいね。これで万が一のときに日本もけん制できる」と賛同の声が上がっている。

一方で「(ロッキード・マーティン社は)契約しても情報をくれないの?」「まずは4機を契約し、詳しいスペックが分かったら残りの16機を追加契約することはできないのか?」「海外から戦闘機を購入するのは今回で最後にしてほしい。自主国防の完成を象徴するステルス戦闘機を自ら生産できる国になろう」など不満げな声も。

その他「軽空母は韓国の実情に合わず、お金の無駄だ。そのお金で駆逐艦をつくった方がいい」との意見も見られた。

韓国国防部は最近、3万トン級の軽空母建造計画を発表した。開発は来年から始まり、空母にはF-35Bの他にヘリコプターなども導入される予定で、約5兆ウォンが投入されるとみられている。ただ、この計画をめぐっては「日本と中国の軍備増強が進む中で最小限の抑止力を確保できる」と評価する声が上がる一方で、「朝鮮半島の地理的特性上、北朝鮮抑制力にならない」「3万トン程度の軽空母では多目的性の面で戦略的制限がかかり、コストパフォーマンスが低い」などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング