Record China

ヘッドライン:

国民党の美化で話題、中国映画「八佰」がヒット、打ちのめされた映画界を活気づける快挙

配信日時:2020年8月25日(火) 18時50分
拡大
21日から劇場公開をスタートした映画「八佰」が、困難な状況の中で興行収入10億元を突破。新型コロナウイルスの影響で大打撃を受けた映画界に、明るい話題をもたらす快挙となっている。

今月21日から劇場公開をスタートした中国映画「八佰」が、困難な状況の中で興行収入10億元(約153億円)を突破。新型コロナウイルスの影響で大打撃を受けた映画界に、久々に明るい話題をもたらす快挙となっている。

グアン・フー(管虎)監督の「八佰」は、1937年の日本軍の軍事衝突「第2次上海事変」で、最後の戦闘となった「四行倉庫の戦い」を描くもの。昨年6月、第22回上海国際映画祭で急に上映中止になったことが当時、大きな話題に。理由については、国民党軍を美化する描写が問題視されたともささやかれている。

中国では新型コロナウイルスの影響で、約半年間も映画館が封鎖されていたが、7月下旬に影響を再開。国産映画の話題作ではトップを切って公開されたのがこの「八佰」で、初日の興行収入は1億4000万元(約21億円)を突破。23日には6億元(約92億円)を超え、「CBO中国票房」サイトのデータでは25日午前に10億元を突破している。

映画館では営業再開後、感染防止措置のため入場者数を大幅に制限しているが、その困難な状況の中での思いがけないヒットは、映画界を活気づかせるものに。このまま順調にいけば30億元(約460億円)に届くのではないかと新たな予想も飛び出しており、もしこの数字が達成されると、歴代の興収ランキングでトップ10入りを果たすこととなる。

「八佰」には、ホアン・シャオミン(黄暁明)、ジアン・ウー(姜武)、イーサン・ルアン(阮經天)、リー・チェン(李晨)など人気俳優や女優も出演。SNSの書き込みなどによると、問題となる国民党の党章・青天白日旗は淡くぼかしてあるか、または一部だけが映る場面がほとんどだという。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング