Record China

ヘッドライン:

スマホ通信速度、韓国を抑え1位になった国は…=韓国ネット「納得できない」

配信日時:2020年8月25日(火) 7時20分
拡大
24日、韓国・中央日報によると、韓国の移動通信サービスの平均速度がカナダに続いて世界2位だとの調査結果が発表された。写真はスマホ売り場。

2020年8月24日、韓国・中央日報によると、韓国の移動通信サービスの平均速度がカナダに続いて世界2位だとの調査結果が発表された。

記事によると、米調査会社オープンシグナルは最近、世界100カ国の通信サービス利用者が実際に経験している平均データ伝送速度を調査し、発表した。3Gから5Gまで現在サービス中の全ての移動通信サービスについて利用者の体感速度を測定したところ、カナダがダウンロード基準で1秒あたり59.6メガバイト(Mbps)で1位となり、韓国が59.0Mbpsで2位となった。昨年の調査では韓国が52.4Mbpsで1位、カナダは42.5Mbpsで3位だったという。

3位以下にはオランダ(54.8Mbps)、日本(49.2Mbps)、ノルウェー(47.5Mbps)、シンガポール(47.5Mbps)、豪州(43.0Mbps)、スイス(42.8Mbps)、ベルギー(37.6Mbps)が続いた。

5Gのサービスが活性化している20カ国を対象にした調査では、韓国、日本、ノルウェー、豪州、スイスの順となった。ドイツ(28.7Mbps)、イタリア(24.3Mbps)、英国(22.9Mbps)など欧州の国は5Gサービスが始まっているものの平均速度30Mbps以下で韓国の半分以下の水準だったという。

これに韓国のネットユーザーからは「ICT最強国の韓国が誇らしい」「韓国は土地が狭いから有利なのだろう」「土地の広いカナダが1位。すごいとしか言いようがない」などの声が上がっている。

一方で「カナダではとても遅く感じたけど?」「カナダに住んでいるが、この結果には納得できない」「カナダなどの土地が広い国は特定部分での速度でしょ?韓国のように全国共通の速度ではないはず」と指摘する声も。

その他、「韓国は5Gユーザーから不満の声が多い。この結果を見ると、5Gは失敗だったと結論付けるのが自然だ。5Gはパスして6Gに行ってもいいのではないか」「インターネット速度が速いとその分だけストレスも増える気がする」などの意見も見られた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング