Record China

ヘッドライン:

韓国政府、コロナ防疫活動の妨害に強硬対応へ、最高刑求刑の可能性も=ネットは賛成の声多数

配信日時:2020年8月24日(月) 6時30分
拡大
21日、韓国・聯合ニュースによると、韓国政府は国内で新型コロナウイルスが再拡大する中、防疫活動を故意に妨害する行為に対して強硬な対応を取る方針を明らかにした。写真は感染予防のため出入りの禁止を伝える横断幕。

2020年8月21日、韓国・聯合ニュースによると、韓国政府は国内で新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、防疫活動を故意に妨害する行為に対して、強硬な対応を取る方針を明らかにした。

秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官らは同日、国民向けに談話を発表。秋長官は「韓国は過去数カ月間、世界最高の防疫模範国として称賛されたが、最近一部の人の無責任な行動により、コロナ第2波の入り口に差し掛かっている」とし、「このような深刻な状況にもかかわらず、当局の防疫活動を妨害し、国家の防疫体系を無力化させる行為が頻繁に起こっている」と述べた。

秋長官は、このような行為は国民の生命権を侵害し、国家の存立を脅かす重大な犯罪だとし、「法務部は防疫活動を阻害する一切の行為に対して任意捜査や強制捜査など、法律で許可された全ての手段を総動員して厳正に対処する」と警告。その上で「特に悪質な行為に対しては、拘束捜査を原則とし、法で定められた最高刑を求刑する」と強調した。

記事は、「政府がこのような強硬姿勢を取るのは、(集団感染が発生した)『サラン第一教会』の信者を中心に新型コロナの感染者が急激に増加しているのにもかかわらず、感染者が病院を抜け出したり、検査を拒否したりするなどの非常識な行動を取る人が相次いでいるためだ」と伝えている。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは「国家が危機的状況なのだから公権力を使っても防疫活動の妨害を封じ込めるべきだ」「防疫妨害行為は重い処罰を科さなければ」「国民の安全のために厳しい対応を望む」と政府の強硬対応に賛成の声が多く上がる一方、「防疫に失敗した当局が国民のせいにしようとしているように思えて腹が立つ」とのコメントも。その他、「マスクをしないでバスに乗っている人も取り締まってほしい」「誰が感染しているか分からない。どうか今週末は外出を控えて」などといったコメントも寄せられている。

秋長官は、具体的な防疫妨害行為として、集合制限命令違反や、故意に連絡を絶ったり脱走したりする行為、疫学調査の拒否・妨害など5つを挙げた。(翻訳・編集/関)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング