Record China

ヘッドライン:

プラス成長に自信を見せていた韓国、8月の輸出はマイナス=ネットから批判の声

配信日時:2020年8月24日(月) 16時40分
拡大
21日、韓国・朝鮮ビズは、韓国政府が「プラス成長も可能にする」と期待をかけていた8月1~20日の輸出が、マイナスを記録したと報じた。写真は釜山の海雲台。

2020年8月21日、韓国・朝鮮ビズは、韓国政府が「プラス成長も可能にする」と期待をかけていた8月1~20日の輸出が、マイナスを記録したと報じた。

韓国の関税庁の発表によると、同期間の輸出額は前年同期比7.0%減の231億ドル(約2兆4440億円)にとどまった。輸入は233億ドルで12.8%の減少。貿易収支は2億9000万ドルの赤字を記録した。操業日数は14日で、前年同期間の14.5日を下回った。1日平均輸出額は、3.7%減の16億5000万ドルとなっている。

主要品目別に見ると、半導体(2.9%)、コンピューター周辺機器(99.4%)などは増加したが、石油製品(マイナス39%)、乗用車(マイナス10.1%)、無線通信危機(マイナス29.3%)などが減少している。

韓国の3大輸出市場である中国(マイナス0.2%)、米国(6.2%)、欧州連合(EU、マイナス1.8%)では、米国だけが増加した。その他、カナダ(25.4%)は増加したが、ベトナム(マイナス6.4%)、日本(マイナス9.7%)などは減少した。

記事は、「政府は輸出が改善の傾向を示せば7~9月期の経済成長率はプラスも可能だと見込んでいたが、実際の数値はマイナス行進となった」と伝えている。8月は休暇シーズンのため、比較的輸出が落ち込む傾向にあるが、今年は集中豪雨と新型コロナウイルスなどによる各業種の長期休業も強く影響したと分析。今月末までの操業日数は22日で、昨年の23.5日より1.5日少なく「輸出の反騰は期待できない」としている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「プラス成長を信じている国民はいない」「いまだに政府の言うことを信じている人がいるのか?」「全てが政府の言うこととは逆方向に進んでいくね(笑)」「大統領一派の言うことは信用できない」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任直後から、経済も外交も安保も破壊された」「原発、輸出、自営業、不動産。全てぶち壊し、今度は医療もぶち壊そうと準備中」「あれもこれも、コロナのせいにすればちょうどいいね」など、文政権への批判の声が殺到している。

一方で「それでもこのコロナ時代に、経済開発協力機構(OECD)加盟国で成長率1位になっている」と指摘するコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング