Record China

ヘッドライン:

果物は甘いほど高糖質?意外な事実が明らかに―中国メディア

配信日時:2020年8月21日(金) 11時40分

【音声ニュースを聴く】

拡大
日常生活において、甘い果物ほど糖質量が多く、甘くなければ少ないに違いないと考える人が多い。ところが実際には甘く感じられない果物であっても糖質量が少ないとは限らない。

イチゴはパイナップルよりも甘く感じるものの、イチゴの糖質量はパイナップルを大きく下回る。ドラゴンフルーツとキウイフルーツは酸っぱく感じるが、その糖質量はスイカを大きく上回る。

日常生活において、甘い果物ほど糖質量が多く、甘くなければ少ないに違いないと考える人が多い。ところが実際には甘く感じられない果物であっても糖質量が少ないとは限らない。

青島農業大学園芸学院教授で、農業農村部農産物品質安全専門家チームのメンバーである聶継雲(ニエ・ジーユン)氏は、「甘さは果物の糖質量によって決まるだけではなく、糖質の種類や酸分と関連している。果物の糖質量の変化の幅が狭く、酸分の変化の幅が広い。そのため酸分は糖質と酸分の割合を決める主な要素だ」と指摘した。

実生活において、糖質量の多い果物を食べることによる肥満を恐れる人が多い。ダイエットしたい人は、ブドウ、バナナ、サクランボ、ナツメなどの糖質量の多い果物を避けるといいだろう。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング