Record China

ヘッドライン:

日本人は「さようなら」と言わない? 信じられず日本人2人の後をつける、聞こえてきた言葉は…

配信日時:2020年8月22日(土) 23時0分
拡大
中国版ツイッター・微博に投稿された「日本人の別れ際の言葉」が、ネットユーザーの反響を呼んでいる。

中国メディア関係者でブロガーとしても活動する「陳生大王」氏が20日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントで「日本人の別れ際の言葉」について投稿、ネットユーザーから反響が寄せられている。

同氏は2年前に東京を訪れた時、友人から「日本人が別れる時は『さようなら』とは言わない。それ(さようなら)は長い時間別れるか永遠の別れを表す。日本人が別れる時の言葉は実はひと言、『じゃあ!』」という話を聞いたという。

この話が信じられなかったという同氏は、その後、「日本人が別れる時に言う本当の言葉を聞こう」と地下鉄で見かけた若い男性2人組の後をつけた(本人は「今思うと変態」と回想している)。気付かれないように同じ駅で降り、10分ほど歩いたところでようやく別れた2人が発した言葉は「バイバイ」だったという。

同氏の投稿に他のネットユーザーからは最後の“オチ”をおもしろがる声のほか、「全世界で通用する別れのあいさつだね」「広東省の友人に広東語を習った時、再見(さようなら)はなんて言うか聞いたら『バイバイ』って言ってた」「18年前の学生時代、日本語を履修していた同級生もみんなそう言っていたよ」といった声が上がった。

また、日本のドラマやゲーム、実際に日本を訪れた経験から「じゃあ」や「じゃあね」、「またね」もよく使うとのコメントや、「中国人も『再見』はあまり使わない。みんな『バイバイ』を使う」という声も寄せられている。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング