Record China

ヘッドライン:

成都夏季ユニバのマスコット、モデルになるパンダが「芝麻」に決定―中国

配信日時:2020年8月25日(火) 10時20分
拡大
成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地のパンダ「芝麻(ジーマー)」が第31回夏季ユニバーシアード競技大会のマスコットのモデルとなることが決まり、国内外のファンに向けた世界ライブ配信が行われた。
(1/3枚)

第31回夏季ユニバーシアード競技大会が来年8月18日に成都で開幕する。同大会の開催まであと1年となった。人民網が伝えた。

その他の写真

同大会のマスコット「蓉宝(インバオ)」の命名セレモニーが19日午前、開催された。世界規模で投票が行われ、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地のパンダ「芝麻(ジーマー)」がそのモデルとなることが決まり、国内外のファンに向けた世界ライブ配信が行われた。

これまで「蓉宝」のモデル候補になっていたのは、「芝麻」と他の3頭のパンダ。4頭は動画の形で同大会公式サイト及び国内外の大手SNSに登場し、世界規模で投票が行われた。この投票イベントは世界のメディア約100社によって報じられた。国内外のネットユーザーが意欲的に投票し、最終的に「芝麻」が選出され、正式に同大会のマスコット「蓉宝」に「就任」した。

同大会のリアル版マスコット、そして独自の新たなシンボルとして、「蓉宝」はその使命を果たすことになる。「蓉宝」の「ファン応援団」が世界に広がることで、成都市の国際的な知名度・評判・影響力が今後も高まっていくことだろう。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング