Record China

ヘッドライン:

「ざるそば」の食べ方にご注意、中国人観光客が明かす日本旅行のトンデモナイ失敗談―中国ネットユーザー

配信日時:2014年2月6日(木) 22時4分
拡大
6日、中国人観光客は日本旅行の際に経験した失敗談をネットに掲載した。以下はその概要。資料写真。
(1/2枚)

2014年2月6日、中国人観光客は箱根への日本旅行の際に経験した失敗談をネットに掲載した。以下はその概要。

その他の写真

旅館から出発して間もなく、「手打ちそば」の看板を見かけた。どうやら「手打ちそば」は箱根の代表的な美食らしい。元箱根の周りも例外なくたくさんのそば屋さんが軒を連ねていた。お昼前の午前11時にもかかわらず、行列になっている店もあるほどだ。

私たちも店を見つけて入り、写真を見ながら私はどうにか看板メニューの注文に成功。料理が来るまで待ち遠しかったが、運ばれてきた定食の量には仰天した。大盛りの丼ものにそば、そして味噌汁にそばつゆ、小鉢があり、丼ものは最初卵をかけただけのシンプルなものかと思ったが、食べてみると鶏肉があり、のちにそれが「親子丼」であると知った。この親子丼の美味しさには大満足だった。

そしてなんといっても主役はそば。このそばの食べ方で私は大失敗をしてしまう。私の友人はうどんを注文し、うどんの容器につゆをかけて食べるよう従業員が説明したのを見て私は、その通りにそばにつゆをかけた。ところがそれを見ていた従業員はすぐさま止めに入り、「ざるそば」につゆをかけても全部下に流れてしまうと教えてくれた。案の定、私がかけたつゆはざるに留まることなく下に流れてしまった。あ〜恥ずかしい。(翻訳・編集/内山

関連記事

ランキング