未検査「死豚肉」でチャーシュー、製造・販売業者が摘発=仮性狂犬病ウイルスなど6項目で陽性反応―中国

配信日時:2014年2月6日(木) 14時26分
未検査「死豚肉」でチャーシュー、製造・販売業者が摘発=仮性狂犬病ウイルスなど6項目で陽性反応―中国
画像ID  409809
5日、新華網によると、中国広西チワン族自治区南寧市の警察当局は1月25日、市民からの通報を受け、未検査豚肉を加工したチャーシューを製造・販売していたとして9人を逮捕、問題の豚肉650キログラムを押収した。写真は汁ビーフン。
2014年2月5日、新華網によると、中国広西チワン族自治区南寧市の警察当局は1月25日、市民からの通報を受け、未検査豚肉を加工したチャーシューを製造・販売していたとして9人を逮捕、問題の豚肉650キログラムを押収した。

その他の写真

警察当局によると、容疑者らは未検査の死んだ豚を仕入れ、チャーシューに加工、市場などに安価で卸していた。検疫当局の調査で、仮性狂犬病ウイルスなど6項目で陽性反応が出た。

中国南部では朝食に汁ビーフンが好んで食べられる。チャーシューはその代表的食材だ。市の食品監督当局は27日、市内の汁ビーフン店で検査を実施し、注意を呼び掛けた。(翻訳・編集/NY)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事