Record China

ヘッドライン:

中国、インドにらみ新疆ウイグル自治区にステルス戦闘機、南シナ海には爆撃機を初配備

配信日時:2020年8月21日(金) 11時50分
拡大
中国は国境紛争を抱えるインドをにらみ、新疆ウイグル自治区の空軍基地に最新鋭のステルス戦闘機「J-20」を配備。写真は和田空港。

中国が新疆ウイグル自治区の空軍基地に最新鋭のステルス戦闘機「J-20」を配備したと韓国・中央日報が米誌の記事を引用し伝えた。国境紛争を抱えるインドへの戦力アピールとみられる。中国は南シナ海の島にも爆撃機「H-6J」を初めて展開し、「航行の自由作戦」を強化する米海軍をけん制している。

中央日報によると、J-20が配備されたのは、6月に中印両軍が衝突した国境から約320キロ離れたホータン空軍基地。18日、米経済誌「フォーブス」が最近撮影された衛星写真を分析し、「J-20戦闘機2機が確認された」と報じた。

J-20は中国が米国の主力であるステルス戦闘機F-22「ラプター」とF-35「ライトニングII」に対抗するために独自開発した。1990年代末に中国成都航空会社(CAC)航空設計研究所が開発に着手し、2011年に初飛行に成功。18年2月に作戦部隊に配備された。中国の情報サイトによる仕様は最大離陸重量3万7000キログラム、最大速度3060キロメートル/」時、作戦半径は1500~2200キロメートルだ。

フォーブスは「J-20配備は国境紛争地域で中国の影響力を強化し、インドと決死抗戦の意志を示すためのもの」と分析。米誌「ニューズウィーク」は「今回の動きから見ると中国空軍は、この地域の制空権を中印どちらが握るかをめぐる地上戦とは別の戦いに向けて準備を進めている可能性がある」との見方を示した。

インド側も国境紛争が起きたヒマラヤ山脈地帯から約885キロの距離にあるアンバーラー空軍基地に7月末、フランス製の戦闘機ラファール5機を派遣した。ラファールについて、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は英語版の記事で、「J-20ははるかに優れている」と主張した。

一方、大型爆撃機H-6Jが確認されたのは、中国が領有権を主張する南シナ海・パラセル諸島(中国名・西沙諸島)のウッディー島(同・永興島)。中国軍用機専門ブログCMAが13日、「中国人民解放軍海軍が今月、H-6Jを展開した」として、関連写真を公開した。18年5月に中国人民解放軍空軍所属のH-6Kがウッディー島の滑走路に向かい、着陸せずに上昇したことがあった、ウッディー島に爆撃機を配備したのは今回が初めてだ。

中央日報によると、航空産業専門誌アビエーションウィークの韓国通信員キム・ミンソク氏は「H-6Jは中国海軍航空隊の最新爆撃機」と説明。核武装はできないが、YJ(応撃)-12超音速空対艦ミサイル6発を搭載できる。YJ-12はマッハ2. 5 ~3まで速力を出すことが可能だ。中国が米国海軍の原子力空母を攻撃するために開発したミサイルで、H-6Jのウッディー島配備は米中対立を背景に南シナ海一帯で米海軍に目に見える形で対抗していくため、との見方が有力だ。(編集/日向)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング