Record China

ヘッドライン:

米「制裁」は全く不合理、香港特区がWTOに異議申し立てへ―中国メディア

配信日時:2020年8月19日(水) 21時0分
拡大
香港の林鄭月娥行政長官は「香港特区に対する米国のいわゆる制裁は全く不合理であり、WTOに加盟している香港特区が別の加盟国から不公平な扱いを受けている。WTOに異議を申し立てる」と表明した。写真は香港。

香港特区の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は18日「香港特区に対する米国のいわゆる制裁は全く不合理であり、世界貿易機関(WTO)に加盟している香港特区が、別の加盟国から不公平な扱いを受けている。香港特区はWTOに異議を申し立てる」と表明した。新華社が伝えた。

林鄭氏は同日、行政会議への出席を前に報道陣の質問に答え「米国が香港特区高官にいわゆる制裁を科してもなお、特区政府は米国に設けている3つの香港特区経済貿易代表部(HKETO)、インベスト香港特区事務所(InvestHK)及び商工会議所を通じて粤港澳大湾区(広州、仏山、肇慶、深セン、東莞、恵州、珠海、中山、江門の9市と香港、澳門<マカオ>両特別行政区によって構成される都市圏)や金融などの面での香港特区の強みを外国に紹介することができる」と指摘。

「国家安全保障はどの地においても最優先事項だ。香港地区国家安全維持法は国家と香港特区の安全を守るものであり、いわゆる『武器として利用する』のでは決してない」と重ねて表明した。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、香港特区政府は第7回立法会選挙を延期した。林鄭氏は「一部の国々は香港特区の選挙延期に懸念を表明したが、自国の選挙延期はまるで当然のことであるらしい。こうした国々がダブルスタンダードを用い、色眼鏡をかけていることの表れだ」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング