「親日清算」を叫ぶ韓国与党のPRポスターが日本のアニメを盗用?ネットで批判続出

Record China    2020年8月19日(水) 20時0分

拡大

19日、韓国・東亜日報によると、韓国与党「共に民主党」の主要課題を知らせるYouTubeライブに出演する議員らを日本のアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」に例えたPRポスターがネット上で注目を集めている。

2020年8月19日、韓国・東亜日報によると、韓国与党「共に民主党」の主要課題を知らせるYouTubeライブに出演する議員らを日本のアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」に例えたPRポスターがネット上で注目を集めている。

記事によると、韓国のネット上で拡散している同ポスターは、科学忍者隊のメンバー5人の写真の下に「共に民主党」議員5人の顔写真と名前が掲載されている。中央には「共に民主党革新ライブ ハゲ鷲5兄弟(科学忍者隊の韓国での呼び方)」との文字と「水害被害と新型コロナウイルス拡散により党大会と党の主要課題が行き詰っている状況!これを突破するためハゲ鷲5兄弟が党の主要課題をYouTubeライブで進行します」との説明が書かれている。

これを見たネットユーザーからは「親日清算を叫ぶ人たちが日本のキャラクターを盗用?」「呆れた…」「まるでコメディー。彼らはお笑い軍団なのか?」「こんなことなら日本製品不買運動を呼びかけないでほしい」「日本人に笑われてしまう」など批判の声が続出している。

「共に民主党」の党代表候補らは最近、15日の光復節(日本からの解放記念日)の祝辞で「親日清算」を叫んだ金元雄(キム・ウォンウン)光復会長を擁護する発言をし、一部から「不動産政策などで下がった支持率を上げるために反日感情を刺激している」と指摘されていた。

今回のPRポスターについて、「共に民主党」関係者は「掲載された内容は全て事実だが、誰がどのように作成したかは分からない」と説明しているという。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携