Record China

ヘッドライン:

【動画】武漢のプールの衝撃写真に「絶対にうそだ」「おかしい」と疑う声続出―中国メディア

配信日時:2020年8月19日(水) 11時50分
拡大
仏AFPが17日に報じた「武漢のプール」の写真や映像について、その真偽を疑う声が上がっている。
(1/2枚)

仏AFPが17日に報じた「武漢のプール」の写真や映像について、その真偽を疑う声が上がっている。中国メディアの観察者網が18日付で伝えた。

その他の写真

AFPは新型コロナウイルスの感染が拡大した湖北省武漢市にある武漢瑪雅水上楽園のプールで開催された音楽イベントで人々がマスクをすることなく密集している写真を掲載し、「日常生活を戻りつつある」と伝えた。掲載された現場の写真や映像は各国に衝撃を与え、日本のツイッターではトレンド入りした。

多くの海外メディアも注目しており、英紙ガーディアンや米CNNもこれを取り上げているが、海外のネットユーザーからは「絶対にうそだ。これは過去の写真だ」「ワクチンもできていないのにこんなことができるなんておかしい。2019年か18年の映像だろう」などとその真偽に疑問を投げかける声が多数上がった。

これについて、観察者網の記事は「米国のトランプ大統領やポンペオ国務長官、日本の麻生太郎副首相らは新型コロナを“武漢ウイルス”と呼び、中国政府の武漢封鎖に『残酷な手段』との汚名を着せた」とした上で、「ウイルスがまん延したいわゆる『封鎖された恐怖の都市』でなぜ水上パーティーが開けるのか。中には信じられない人もいるようだ」とした。

そして、同園に確認したところ担当者が今年も例年と同様に8月末まで水上音楽イベントを開催していると回答したこと、中国国営の新華社通信が15日に「新型コロナウイルスの感染防止策を講じた上で、多くの市民が暑さをしのぎにプールを訪れている」と報じたことに加え、ガーディアンも「過去のような光景に見えるが、週末には確かに数千人が武漢のウオーターパークに詰めかけていた」と報じたことを紹介した。AFPによると、写真は今年の8月15日に撮影されたものだという。

観察者網の記事は、海外のネットユーザーからは依然として「一体何なんだ。世界が苦しんでいる時に、君たちは日常生活を楽しみ始めているなんて」「ありがとう、中国。君たちが楽しそうで何よりだ。こっちはまだ大変だけどな」などと皮肉めいた声がある一方で、「全く根拠のない陰謀論は信じるのに、中国が正しいことをしたと認められない人がいる」「武漢では最も厳しい措置が取られた。彼らは大きな苦しみを経験し、今そこから抜け出そうとしている。勝利を祝う資格はあるだろう」との声も出ていると伝えた。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング