Record China

ヘッドライン:

結局はスウェーデンと同じ道?新型コロナ再拡大の韓国で浮上する集団免疫論

配信日時:2020年8月20日(木) 11時20分
拡大
18日、韓国・マネートゥデーは、韓国内では最近、宗教団体で新型コロナウイルスの集団感染が発生しており、新型コロナの収束には「集団免疫」の獲得しかないのではとの声が上がっていると伝えた。写真はソウル。

2020年8月18日、韓国・マネートゥデイは、韓国内では最近、宗教団体「サラン第一教会」で新型コロナウイルスの集団感染が発生しており、新型コロナの収束には「集団免疫」の獲得しかないのではとの声が上がっていると伝えた。

記事によると、韓国の18日午前0時基準の感染者数は1万5761人で、前日より246人増えた。14~18日の新規感染者数は991人となっている。

12日にサラン第一教会で最初の感染者が出て以降、韓国内では感染者が急増した。新興宗教団体「新天地イエス教会」、九老(クロ)のコールセンター、梨泰院(イテウォン)、物流センターに続く新たな大規模集団感染で、「ソーシャルディスタンス(社会的距離)政策を維持していても、緩んだ隙を突いて集団感染が発生し続けている」と記事は指摘している。

カトリック大学富川(プチョン)聖母病院感染内科のユ・ジンホン教授は、自身のブログでソーシャルディスタンスは防御策ではなく、時間稼ぎの手段」だとし、「あなたもいずれは感染するという前提で、感染するにしてもその速度を最低限にし、国内医療機関が最大の力で一つ一つの治療に当たれるよう、時間を稼ぐものだ」と説明している。

結局、「集団免疫の水準に到達するまで待つしかない」という声も出ているといい、ユ教授は「望まなくてもスウェーデンの道を歩むことになる。それも悪くない代案で、絶望的だという意味ではない」と述べている。

一方で、専門家らはソーシャルディスタンスは「重要」だとしており、「繰り返される集団感染にも、被害を最小限にとどめるにはソーシャルディスタンスの並行が必要だ」と指摘されていると、記事は伝えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「ひどい記事だ」「スウェーデンの死亡率は欧州で一番高い。スウェーデンのようになったら、真っ先に死ぬのはお年寄りと病人だよ。それを受け止められるのか。記者さん、あなたの両親、祖父母から死ぬんだ」「マスコミがまず集団免疫実験をしてほしい」「防疫当局の苦労を知っているだろうに、よくこんな記事を書けるね」など、記事への批判の声が殺到している。

その他、「気の緩みのせいで感染者が増えたというのか。サラン第一教会が広めたんだろうが」「スウェーデンは集団免疫から韓国式のやり方に変更した。それで感染者が減ったんだよ」「集団免疫で大勢死なせてコロナ収束?それでいいのか?コロナの次は?また違う病気が流行したら?」「スウェーデンの人口が約1000万人、死亡者は約5000人。韓国の人口は5倍、なら死亡者が約3万人ということになるが、そうしようと言ってるのか?」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング