韓国、不買運動で日本産ビールのシェア急落=韓国ネット「不買は永遠に」「私は飲むよ」

Record China    2020年8月18日(火) 19時20分

拡大

15日、韓国・マネートゥデイによると、韓国で日本製品の不買運動が始まって1年がたち、韓国内における日本産ビールのシェアが急落している。資料写真。

2020年8月15日、韓国・マネートゥデイによると、韓国で日本製品の不買運動が始まって1年がたち、韓国内における日本産ビールのシェアが急落している。不買運動が起きる前までは輸入ビールの絶対的地位を占めていた日本のビールだったが、現在はコンビニや居酒屋などでも値下げして販売されているという。

今年上半期の韓国の日本産ビールの輸入額は272万ドル(約2億9000万円)で、前年同期比92%減となった。2010年から18年まで韓国のビール輸入額1位を守ってきた日本産ビールは、今年6月時点で9位に陥落し、米国のビールが1位となった。

コンビニでも不買運動の影響は続いている。韓国の大手コンビニエンスストアのCUでは、日本のビールの売上高が今年1~3月期は前年同期比96.4%、4~6月期は97.6%それぞれ減少した。販売不振が続き、賞味期限が迫り返品処理することもあるという。CUは6月に売れ残った日本のビール12種類を本社に返品処理した後、全量廃棄した。また、スーパーでは大幅に値引きして販売もしている。

販売量の急減は業績に直結し、韓国でアサヒビールを販売しているロッテアサヒ酒類の昨年の売上高は623億ウォン(約56億円)で前年比半減となり、197億ウォン(約18億円)の営業損失を記録し赤字に転落した。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「まだ日本の酒を買っている人がいるの?」「日本のビールがおいしいと言っている人は親日派」「まだ日本のビールを売っているコンビニがあるなんて」「不買運動は永遠に」などと依然、不買意識が高いことをうかがわせるコメントが寄せられている。

その他「私は日本のビールを飲むよ」とのコメントや「最近、日本料理店で日本のビールの代わりに日本のカクテルが人気らしい」などといった声が上がっている。

流通業界の関係者は、「不買運動により、韓国産ビールや多様な輸入ビールが市場に定着した」とし、「バーやコンビニなど酒類を扱う店では日本のビールの販売を減らしている状況で、回復させることはしばらく難しいだろう」との見方を示した。(翻訳・編集/関)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携