グーグルで「独島」を検索できない!韓国人学生の指摘で修正=ネット「世界的には竹島…」

Record China    2020年8月18日(火) 11時50分

拡大

15日、韓国・中央日報は、グーグルマップで「独島」とハングルで検索しても情報が出ないという問題が、韓国人学生の指摘により解消されたと伝えた。

2020年8月15日、韓国・中央日報は、グーグルマップで「独島(日本名:竹島)」とハングルで検索しても情報が出ないという問題が、韓国人学生の指摘により解消されたと伝えた。14日現在、ハングルで「独島」、英語で「dokdo」と検索すると、地図と関連情報が表示されるという。

記事によると、当初グーグルマップでは「独島」とハングルで検索しても「地図上で見つけることができません」と表示されるだけだが、「竹島」とハングルで検索すると地図と情報が表示される状態だった。韓国のネット上では数カ月間にわたりこの問題が指摘されていた。

先月、ある大学生が当時国会外交統一委員長を務めていた宋永吉(ソン・ヨンギル)議員(共に民主党)にこの事実をメールで伝え、「適切な措置を取ってほしい」と訴えたという。宋議員はJTBCの取材に対し「学生からの情報提供がなければ、私たちはグーグルマップで独島を探すことができなかった」とコメントしている。

これについて、グーグルコリアは「地図を随時アップデートする過程で、エラーが発生したようだ」と釈明している。

ただ、記事は「グーグルは韓国では『独島』で地図検索できるよう措置を取ったが、日本のグーグルでは依然として『竹島』と出ており、根本問題が解決されていない」と指摘している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「この学生がいなかったらどうなっていたか。公務員たちは何をしていたんだ」「これは政府がすべきことだ」「大学生が国会議員より優秀だな」「この学生に褒賞を」「いいニュースだ。誤りを正していく努力は本当に素晴らしいものだ。国のために大きなことはできなくても、自分にできる小さなことを実践していこう」など、学生への称賛と政府への不満が書き込まれている。

また「これを機に全ての政府機関、企業、学校、駐韓国外国公館、外国企業などに「独島」と「東海(トンヘ、日本名:日本海)」の表示の義務化をすべき」「世界的には『竹島』と出ているのに、韓国だけグーグルコリアが修正したから『独島』となっているってことでしょ?。ふざけてるのか?」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携