韓国国家破産の危機、赤信号再び=中国経済の伸び悩みが大きな影響―韓国メディア

配信日時:2014年2月5日(水) 7時39分
韓国国家破産の危機、赤信号再び=中国経済の伸び悩みが大きな影響―韓国メディア
画像ID  409600
4日、韓国・亜州経済は「韓国国家破産の危機に赤信号再び、中国経済の伸び悩みで大きな影響」とする記事を掲載した。写真は韓国ウォン。
2014年2月4日、韓国・亜州経済は「韓国国家破産の危機に赤信号再び、中国経済の伸び悩みで大きな影響」とする記事を掲載した。以下はその概要。

その他の写真

中国経済の伸び悩み、米国経済の回復の遅れなどが、韓国経済に対する信用回復に影を落としている。韓国国債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)権利金は3日、昨年9月末以来の高水準を記録した。

CDSは債権を発行する企業や国家が破産申請後、元本を確保するための派生商品だ。破産の可能性が高いほどCDS権利金は高くなるため、国家や企業の破産リスク指標ととらえられている。専門家は「新興国経済の危機や不安が韓国経済にも影響し始めている」と指摘。中でも中国経済の回復状況が、韓国の国家破産リスクと密接に関係しているという。

しかし、韓国のCDS権利金は上昇しているものの、ほかの新興国に比べ上げ幅は小さい。しかし、中国経済の先行き懸念が深まるにつれ、今後大幅に上昇する可能性もある。業界関係者の1人は「中国経済に軟着陸の兆しが表れた場合、韓国の景気は悪化し、家庭負債や金融市場は動揺し、CDS権利金が大幅に上がる可能性がある」とみている。(翻訳・編集/AA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事