Record China

ヘッドライン:

李登輝氏の遺影に女が赤ペンキかける、追悼式会場で―中国メディア

配信日時:2020年8月16日(日) 12時30分
拡大
14日、台湾の李登輝元総統の追悼式の会場で遺影に赤ペンキがかけられる事件が発生した。

2020年8月14日、台湾の李登輝元総統の追悼式の会場で遺影に赤ペンキがかけられる事件が発生した。

中国メディアの観察者網が台湾メディアの報道を引用して伝えたところによると、事件が発生したのは14日午後0時30分から同1時の間。李登輝氏の遺影は顔全体に赤ペンキがかけられ、誰の写真なのか判別できないほどになった。赤ペンキをかけたのは黒い服を着た女で、現場にいた警備員は女が哀悼の意を示すのだと思っていたところ、突然赤ペンキの入った風船を遺影に投げつけたという。女は直ちに警備員らによって取り押さえられ、その後の警察の調べで、赤ペンキを入れた風船を複数所持していたことが分かった。

その後の報道によると、赤ペンキをかけたのは元芸能人の鄭恵中だったことが分かった。鄭恵中は以前にも問題を起こしており、19年1月には春節(旧正月)を祝う会食の席で、「脱蒋介石・脱蒋経国」を進めているとして出席していた民進党の鄭麗君文化相を平手打ちしたことがあるという。

その後、鄭恵中は「平手打ちしたことは謝罪するが、自分の訴求については謝罪するつもりはない」と述べており、この発言が議論を呼んだが、鄭文化相が告訴しなかったためこの問題は終結した。

鄭恵中は、かつて台北市警に所属する芸能人として活動していたが、「セクシー写真」を発表したことで「警察のイメージにふさわしくない」として1978年に警官職を解かれていた。また、1984年には高速道路で自動車を運転中に死者1人を出す事故を起こしている。原因は鄭恵中が制限速度を20キロ超過して運転していたためとされ、裁判では過失致死で5カ月の実刑判決を言い渡された。

その後、2003年に芸能人による政治団体「演芸圏泛藍聯盟」を結成し、中国大陸と協調する立場の国民党などを支持し、民進党などと対立する立場を鮮明にしていたという。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング