Record China

ヘッドライン:

中国が「限韓令」を再び強化?歌手ファン・チヨル、中国版ツイッター「更新できない」と明かす

配信日時:2020年8月15日(土) 16時30分
拡大
韓国の男性歌手ファン・チヨルが、中国版ツイッターを更新しない理由について、制限を受けていることを明らかに。緩和傾向にあった「限韓令」が再び厳しい締め付けを始めたのではないかと、この発言が注目されている。

過去に中国でブレークした韓国の男性歌手ファン・チヨルが、中国版ツイッターを更新しない理由について、“制限”を受けていることを明らかにした。ここ数年、緩和傾向にあった「限韓令」が再び厳しい締め付けを始めたのではないかと、この発言が注目されている。

2016年、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐり、中国から韓国の芸能人や韓流コンテンツを締め出す「限韓令」(または「禁韓令」)がスタート。歌手のファン・チヨルは当時、音楽番組をきっかけに中国で大人気だったが、出演中のリアリティー番組が急きょ香港人俳優に差し替えられ、あっという間に中国市場から姿を消している。

ここ数年は緩和傾向にあったが「限韓令」だが、現在も中国版ツイッター・新浪微博(Weibo)で520万人を超えるフォロワーを抱えるファン・チヨルが、先月22日の投稿を最後に更新がないことについて、ファンの質問に対し、「使えない。僕だけじゃなく、他の韓国の芸能人も」と回答。「限韓令」にまつわる何らかの制限があって更新できないのではないかと、この発言が一気に注目を集めた。

なお、中国版ツイッターでフォロワー数の多い韓国芸能人には、俳優のキム・スヒョンやイ・ミンホ、チ・チャンウクらがいるが、いずれも7月末あるいは8月初めを最後に更新が途絶えている。

先月には人気のショートビデオアプリ「抖音(Douyin)」で、複数の韓国芸能人のアカウントが急に遮断される騒ぎも発生した。再び「限韓令」が影響を見せ始めたとネット上でも話題になっているが、香港の日刊紙アップルデイリーをはじめ、複数の香港や台湾メディアでは、この理由について「明確には分からない」と報じている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング