Record China

ヘッドライン:

中国で新型コロナの偽ワクチンが発売される―仏メディア

配信日時:2020年8月14日(金) 13時20分
拡大
13日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、中国のネット上で新型コロナウイルスの偽ワクチンが発売されていると報じた。

2020年8月13日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、中国のネット上で新型コロナウイルスの偽ワクチンが発売されていると報じた。

記事は、中国のSNS上で近ごろ新型コロナワクチンなるものが発売されており、包装には著名な製薬会社の名前が入り、偽造防止用のバーコードも印刷されているなど本物と思い込んでしまいそうな見た目だと紹介した。

パッケージには「克爾来福新型コロナウイルスワクチン」という商品名が記載されるとともに、下部の認可番号は「決定待ち」と印字されており、バーコードをスキャンすると北京科興中維生物技術有限公司という企業名が出現したという。だが、同公司の関係者は「現在ワクチンはブラジル、バングラデシュなどの国で第3相臨床研究を実施している状況で、発売には至っていない」と説明した。

さらに、SNS上では製造企業が武漢生物製品研究所とされる別の偽ワクチンも発売されており、同研究所の責任者は「ワクチンは第3相臨床試験段階に入り、量産体制も整えているが、まだ発売していないし、価格も発表していない」とコメントしたという。

復旦大学付属華山医院感染科主任の張文宏(ジャン・ウエンホン)氏は「現在の中国国内の感染予防体制や能力を鑑みれば、ワクチンがなくとも国内の安定的な発展を保障できる」とし、ワクチン入手を焦ってトラブルに巻き込まれないよう市民に呼び掛けた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング