Record China

ヘッドライン:

今年第2四半期に米国で出荷されたスマホの7割が中国で生産―調査会社

配信日時:2020年8月14日(金) 8時0分
拡大
調査会社カナリスのリポートによると、2020年第2四半期に米国で出荷されたスマートフォンの約70%が中国で生産され、第1四半期の60%を上回った。写真はニューヨークのアップルストア。

中国のテック系メディアの新浪科技は13日、「調査会社カナリスが最近発表したリポートによると、2020年第2四半期に米国で出荷されたスマートフォンの約70%が中国で生産され、第1四半期の60%を上回ったことが分かった」と報じた。

リポートによると、20年第2四半期の米国内のスマートフォン出荷台数は3190万台で、前年同期比で5%減少したが、前期比では11%増加した。

3月末に中国の工場の操業が再開し、5月と6月に店舗が再開したことが、市場の成長に大きく貢献した。

アップルとサムスンは出荷された10台のデバイスのうち7台を占めた。アップルは第2四半期に1500万台のiPhoneを出荷し、国内での新記録を樹立した。昨年のベストセラーであるiPhone XRに比べて、主力のiPhone 11の出荷台数は15%増加した。iPhone SEの発売により、アップルの四半期市場シェアは47%に急上昇した。

サムスンの出荷台数は2019年から横ばいだが、19年第2四半期のS10シリーズモデルに比べて、Galaxy S20 5Gシリーズの出荷台数は59%減少した。第1四半期後に多くの販売チャンネルが閉鎖され、ローエンドのGalaxy A10eとA20に大きく依存して出荷を支えた。

20年第2四半期に米国で出荷されたスマートフォンの約70%が中国で生産され、第1四半期の60%を上回った。

近年、米中間の緊張が高まり、サムスンとLGを除くすべてのスマートフォンベンダーに不確実な局面が生じている。世界中の傍観者が11月の米大統領選挙を熱望している。これは米中貿易戦争を緊張緩和の新たな段階へと導くかもしれない。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング