Record China

ヘッドライン:

韓国軍、4000トン級の原子力潜水艦開発を強く示唆、主要紙が一斉に報道

配信日時:2020年8月15日(土) 9時20分
拡大
韓国が「国防中期計画」で4000トン級の原子力潜水艦の開発を強く示唆、と主要各紙が一斉に報じた。資料写真。

韓国国防部が10日に発表した「2021~25年国防中期計画」で4000トン級の原子力潜水艦3隻の開発を強く示唆した、と主要各紙が一斉に報じた。北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対処し周辺国をけん制するためで、潜水艦発射型弾道ミサイル(SLBM)の配備も視野に入れているとみられる。

国防中期計画には来年から5年間で計300兆7000億ウォン(現在のレートで約26兆8390億円)が投入される予定。朝鮮日報などによると、計画では4000トン級潜水艦の建造計画が初めて公開された。現在3000トン級の韓国型次世代潜水艦事業が進行中だが、これより大きい潜水艦を開発したいという趣旨だ。規模が大きくなるだけに、SLBMなど武装能力も大幅に強化されるものとみられる。

韓国軍は現在2030年代初頭までに3000~4000トン級潜水艦9隻を戦力化する事業を推進している。1番艦は18年に進水し、22年に実戦配備される予定だ。1~6番艦は通常動力型(ディーゼルエンジンおよび燃料電池)で決定されたが、7~9番艦(4000トン級)はまだ動力が決まっていない。10日の記者会見で軍関係者は「4000トン級潜水艦を原潜とする可能性はあるのか」との質問に「現段階では取り上げることは適切ではない。適切な時期に話す機会を持つ」とだけ答えた。

この発言について、朝鮮日報は「原潜開発の可能性を示唆した発言と解釈されている」と報道。東亜日報も「軍内外では現政権の任期(22年5月)内の原潜開発の公式化を念頭に置いているという見方が出ている」と伝えた。

東亜日報によると、韓国は原潜開発の技術的条件を全て備えたと評価されている。ドイツと対等の世界最高水準の潜水艦設計建造技術はもとより、3000~4000トン級潜水艦用の小型原子炉製造能力も保有している。

同紙は「決定さえあれば、フランスのバラクーダ級(4700トン)に匹敵する原潜を6、7年以内に戦力化することも可能だ」と説明。軍当局者は「(原潜用の低濃縮ウランの確保で)米国の支持さえ得られれば、原潜の開発は一気に進むだろう」と話したという。原潜の建造は文在寅大統領の選挙公約でもある。

中央日報は韓国が建造を推進とされる最新の垂直離着陸ステルス戦闘機「F-35B」を搭載する30000トン級の軽空母にも言及。「この軽空母に原潜とイージス艦を加えれば小規模の空母打撃群を構成することができる。空母打撃群は北東アジアで海洋勢力均衡の一翼を担うことになる。有事の際、北朝鮮を含めた敵対勢力に対する打撃能力を持つ」と強調した。(編集/日向)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング